稼げるキャストになるための“マインドセット”㊤

まず本日のお題は、『 呼吸してるだけで指名が入るのは「石原さとみ」だけ!!』

これだけじゃよくわからないと思いますが、つまり“マインドセット”のお話です。
風俗のお仕事で稼ぐための根本的な考え方についてを整えていきましょう!という話を少しずつかみ砕いて説明していきたいと思います。
私の経験上、小手先のテクニックよりもまずは根本的な考え方が一番大切だと思います。何事も基礎があって、そこから自分なりに肉付けしていくことがベストです。
タイトルとはあまり関係なさそう(笑)と思う方もいると思いますが、それについても説明していきたいと思います。

まずお仕事で影響される感情の仕組みを理解する。

私たちのいる「風俗業界」というのはとても不思議な世界で、お客様はお金を払ってくださって、更にはなぜか女の子にとても気を使ってくれます。
『かわいいね!』
『こんなにいい子はいない!』
『好きだよ!』
ルックス面だけではなく、ありとあらゆる言葉を駆使して女の子のテンションをあげてくれます。

それはなぜって?
「お客様がその時間いい思いをしたいから!」です。
褒めれば女の子が頑張ってくれるからです。そこを勘違いしてしまっている女の子が多いように感じます。
もちろん本気で褒めてくれる方もいるかもしれませんし言われて嫌な気持ちにはなりませんが、大半の人は『とりあえず』言ってるだけなのに、全て間に受けていてはそれが小さな行動や発言に出てしまいお客様からしたら調子に乗っているように映ってしまいます。

残念ですが、多くの女の子が陥る現象です・・・。

もしあなたがとても可愛くて誰が見ても素敵ですべての男性を虜にする女性だとしたら、なぜ今風俗にいるんですか?なぜ芸能界じゃないんですか?なぜ石油王と結婚してないんですか?そしてなぜ指名で枠が埋まらないんですか?そういうことです。

黙っていて仕事が入るのは絶世の美女だけであって芸能人で言う石原さとみさんとか橋本環奈さんとかだけです。
あなたがかわいいから指名がはいるわけではなく、お客様が言って下さる言葉を真に受けて、『私に入ったお客様はみんな私のことをかわいいっていってくれるからきっとこの先も指名は途切れないだろう』と思ってしまうのは完全に違います。
つまり、少しでも自分にその自覚がある時点で根本の考え方が間違っています。いきなりキツいことを言ってしまいましたが、私からすると自分の価値を分かっていないただのイタイ人です(>_<)
そして指名が入らなくなってから慌てるのです…

新人期間は忙しかったのに…

みなさん、入店したときにお客様がつくのは決してあなたの力ではなくお店の力ということを理解しないといけません。(もちろん写メ日記やSNSなどを駆使し自分でお客さんを呼ぶ力があるごく一部の子は例外です)
もし新人期間に忙しかった経験がある方は、お店が今まで会員のお客様を大切にしてきてくれたから新人の女の子にお客様がつくのです。
更には、今までそのお店で働いてくれてた女の子達が頑張ってくれたから、また来てくれているのです。

ここまで説明すればわかると思いますが、お仕事が調子がいい時は「自分の力」だと言い、稼げなくなると「お店のせい」という考えにはならないですよね?「新人の時にお仕事が入るのはお店のおかげ。その後は自分の責任。」これが正しいです。
私も昔はこの考えがあったので、このように思ってしまう気持ちもよくわかります。

まずはそこを理解して初めて次のステップに進めると私は思っています!
次回は新人期間をどのように使っていくか?についてお伝えしていきます。

プロフィール
女性スタッフ
ののか

君とふわふわプリンセスin熊谷でキャストとして活躍した後、内勤スタッフとして勤務。キャスト時代は常にNo.1をキープし続けた経験を活かし、在籍キャストのサポート役として活動中。